カテゴリ別で見る

小屋を連結させた家で暮らす

設計・施工: げんげのはらっぱ

げんげのはらっぱの主屋。敷地内に6つの小屋が連なり暮らす。この主屋は2回ほど増築している。一つは主屋の写真左の角ログ部分は、近くのキャンプ場が辞めるにあたり角ログのコテージを廃棄するということを知り、この敷地に移築する。移築は主屋の左側へ。2つ目は赤いトタン屋根の箇所。サンルーム的な空間をつくったそうだ。小屋の魅力は、小さいからこそ工夫や自由な遊びの要素を入れらるとこをだという。

杉の弁当箱

材:

個人所有。2021年より週二回のペースで使用。半年から1年に一回蜜ロウワックスでお手入れしているとのこと。「蜜ロウワックスは食器などにも安心して使っています。木の風合いが自然に変化していくのが魅力的です」との感想をいただきました。

吉野杉のトレー

材: 吉野杉

個人所有。2016年購入時に蜜ロウワックスを塗布。数年に一回蜜ロウワックスでお手入れされているとのこと。蜜ロウワックスのしっとりとした艶が、緻密な吉野杉の柾目をさらに惹きたてています。

材:

小川社の塗りなおしメンテナンスセット(サンプル)をつかい、LINEサポートをうけながら、黒ずんだ汚れをリセットした事例になります。このお客様のケースは、「フローリングが全体的に黒ずみ艶がなくなっている」とのこと。水で10倍に希釈したミストデワックスで汚れを落としをすると、どんどん汚れが浮き出たとか。仕上げに蜜ロウワックスをかけたことで、杉の持つ本来の色味や艶がでました。
ビフォーアフターの画像は同じ場所を撮影したものではありませんが、