木もちe-外壁 木もちe-デッキ栗 ウッドロングエコ 未晒し蜜ロウワックス

お知らせ

2018.09.04

【臨時休業のお知らせ】 台風21号の接近に伴い、尾鷲が暴風域に入る恐れがある為、本日9月4日(火)は臨時休業とさせて頂きます。お客様、関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。様に大きな被害が出ないことをお祈りします。 小川耕太郎百合子社  小川耕太郎

2018.08.24

8/2--10/20開催『リビングデザインセンターOZONE企画展『キッズまわりの安心素材~子どもにとっての安心は 家族みんなにとって安心~』にて蜜ロウワックスとミストデワックスが展示されています。

2018.08.24

おはようございます。台風20号の影響で、全国的に被害がでているようです。大変申し訳ございませんが、地域によってはお荷物のお届けに遅れがでています。詳細はリンク先をご覧ください。地盤がゆるんでいる地域もありますので、ネットに情報が更新されていなくても、道路状況によって遅延することもございます。何卒ご理解のほどお願いします。詳細

2018.06.19

2018年7月19日開催。OZONEプロフェッショナルセミナー『エクステリア大辞典...プロフェッショナル連動セミナー......進化するエクステリア......多様化する外まわりのためのプランと製品選び』が開催されます。(先着60名様 要予約)セミナーにて小川耕太郎∞百合子社の小川耕太郎がパネラーとして登壇します。◆詳細

小川社の想い 思い立ったらまず動く そんな突破力から新しいものが生まれる。「既存のやり方を維持しつつ、時代に合わせてちょっとずつ変えればいいや、じゃ変えられない」「無いものは、自分達でつくる。時間をかけて商品を育てていく」

私は、そんな考え、姿勢で今までやってきました。小川社の商品の基準は、「自然を生かした商品で持続可能なものを扱う」「その商品をつくることで、地域の自然環境や職人さん達の技術が持続的に継承できるか」を深く考え、[商品開発]→[育てる]→[生産する]→[伝える]→[売る]に繋がっていける仕事をしています。

1999年につくった未晒し蜜ロウワックスは、原料に国産蜜ロウを使用し、製造は養蜂家に委託することで新たな副業も生みました。農家へのミツバチ貸出は、野菜や果物の受粉に貢献しますので、第一次産業の輪を広げることに寄与してきました。

とはいえ、蜜ロウワックスを販売した当初は「こんなに手間のかかるものは売れないよ」といった非常に冷やかな反応でした。いかにクレームが無いか、メンテナンスがかからないかがマーケットに選ばれる商品基準だったからです。「キズや汚れさえも味わいに変わる、そんな木の経年変化も愉しみのひとつ」そんな視点を丁寧に伝えていくことで、徐々に広がっていった商品なのです。

2006年につくった「木もちeーデッキ」は、当時から山から杉を切り出してもトラック代にならない3番玉、4番玉は山に放置されていました。だったら元玉から4番玉まで使える商品をつくろう!と発想し、地域の製材所や木材問屋と連携し商品化しました。今の需要に対応できるように即納体制をとり、新たな流通ルートも開拓し、地域材の販売を促進してきました。

お蔭様で、多くの方々に見守っていただき少しずつではありますが、毎年成長することができました。これからも「つくる」ことによって地域社会が元気になり、地域の自然環境が循環できる、そんな社会を目指し頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

有限会社小川耕太郎∞百合子社 代表 小川耕太郎