[第16期]安成工務店の熊本大震災復興支援活動に賛同し、物資支援をさせていただきました。

東日本大震災が起こってまだ5年というのに、熊本でまた大きな震災が起こってしまった。被災された皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。



何とか支援が出来ないかと思っていたら、いつもお世話になっている住宅雑誌「チルチンびと」の山下前社長がフェイスブックで支援を呼び掛けていた。



「チルチンびと地域主義工務店の会」が支援体制を整え、山口県の安成工務店さんに物資を集めて、そこから熊本に届けているとのこと。早速、山下さんに電話したところ、「ブルーシートと水」が必要とのことだった。



先ほど、尾鷲名水(株)さんに無理を言って、注文がいっぱいでギリギリの中から何とか「熊野古道水2L×384本」を格安で分けていただき、尾鷲のホームセンターと建材店を回って、大きなブルーシートをあるだけ23枚買い求め、近物レックスさんにこれまた無理を言って、今日の便で山口に送ってもらうことになった。



私たちは、物資をお送りすることぐらいしかできないが、東日本大震災の時は、「チーム日光」、今回は、「チルチンびと地域主義工務店の会」と、知っている方々が支援体制を整えて、行動してくれているのでありがたい。



一日も早く地震が収まり、復興に歩きだせるようになることを切に願っています。(小川耕太郎)