[山と海の子守歌 森の再生in宮城 洞の浜]2014年度の活動を終えて

201412森の再生05.jpgチーム日光 本年度最後の活動

活動する度に続けてこられて良かったなあと心から思う。40代半ばは経験の積み重ねと体力 そして気力とが程よく合わさり質の高い仕事が出来る 一番良いときかもしれない。努力次第では 人は死ぬまで成長する。

私の名医が教えてくれました。沢山仕事をする分同じだけ他の事もしなさい。身体を壊しますよ と。三陸の活動は私にとって特効薬かも知れません(笑)何とかバランスをとっている今日この頃です。

人には様々な考えがあり 相手が何を考えているかも良く見えるようになってきた。
語らずとも顔にその人の生き様がこれほどもでにも出てくるとは・・・策略好きの人 計算高い人 ずるい人 見下す人悪いことを考えている人は本当に目が濁ってくる。この人生の折り返し地点になると矛盾と誘惑に満ち溢れている社会も良く見えてくる。

百円のパンが欲しいとしたら・・・自分で働いて買うことが普通である。お金がなければ我慢する。そして究極は自分で作る。一方 こう考える人がいる。うまく何処からかお金を引き出せないか?自分のお金を出して買うのはバカらしい。この世の中もらう方法はいくらでもある。不思議な事に国はそこにお金をあげる。もらう方も正しいことをしているような勘違いを起こす。コレが腐りかけている日本の現状ではないでしょうか?

チーム日光の活動は前者でその中でも自分で作る方法を考えていつも活動しています。不思議な事に作り出せる仲間は皆目が輝いていて とても素晴らしい顔をしています。この顔を絶やさぬためにこれからも矛盾と誘惑に流されないように努めます。こんな仲間達をいつも誇りに思います。

                 2014年12月 チーム日光代表 小坂憲正

子守歌00.jpg

子守歌01.jpg
子守歌02.jpg
子守歌03.jpg
子守歌04.jpg
子守歌05.jpg
子守歌06.jpg