2015年3月17日付 南海日日 尾鷲湾の海を豊かに—漁民の森に今年も120本植樹—

20150317南海日日_14web.jpg


2015年3月17日付 南海日日 尾鷲湾の海を豊かに—漁民の森に今年も120本植樹—
————-以下転載——————-
尾鷲湾の海を豊にするには水の源となる森づくりが重要という漁業関係者の呼びかけで始まった「海と山をむすぶ漁民の森づくり」の植樹が14日、尾鷲市行野浦中山の市有林で行われた。
平成13年から毎年、市有林伐採跡地に広葉樹を植えている。この日は尾鷲漁協、尾鷲養殖組合、J-POWERグループ(電源開発、JPハイテック)、小川耕太郎∞百合子社、尾鷲ロータロークラブ、岩田市長と市の関係者ら圭39人が参加した。
シカの食害防止対策として防護ネットを取り付けた400?の伐採地に、トンガを使って穴を掘り、コナラ、ケヤキ、サイカチの4種合わせて120本の苗木を植えた。
約1時間の作業を終え、「漁民の森」の大量旗を背景に記念撮影した。
20150318漁民の森web.jpg