2007年3月14日付 伊勢新聞「山林維持に役立てて–小川耕太郎∞百合子社 尾鷲養殖組合に25万円寄付—

20140314伊勢新聞web.jpg


伊勢新聞・伊勢志摩東紀州版(2007年3月14日付)「山林維持に役立てて—小川耕太郎∞百合子社—養殖組合に25万円寄付




—–以下一部転写—-
【尾鷲】山林維持や山林技術の継承に役立ててほしいとして、みつばちの巣から作る蜜ロウワックスの製造販売業「小川耕太郎∞百合子社」(尾鷲市賀田町、小川耕太郎)が13日、尾鷲の山間部で植樹を続けている尾鷲養殖組合(岩本憲明会長、11業者)に25万円を寄付した。—中略—


寄付先の尾鷲養殖組合は、マダイを中心に尾鷲湾内で養殖をする漁業者組織。8年前から尾鷲湾に注ぐ河川蒸留の市有林に広葉樹を植え、今年も17日、植樹を予定している。組合は寄付を受け、当初予定のミズナラ200本を300本に増やし、さらに「シカよけネット」を張ることにしている。


この日は、小川代表が岩本会長に寄付金を手渡しし、それぞれ深く頭を下げた。

小川社は売上が起動に載ったとして、純利益の有無に関係なく、今後、売上の0.3%(純利益の場合6%相当)を環境保全に取組む団体に寄付をする方針——-