茶摘み

tyatumi.jpg「茶摘み」


「夏も近づく八十八夜・・・」


今年の八十八夜は5月2日だったが、
この時期は「もう茶は摘んだかい?」が
挨拶になるほど、
あちらこちらで茶摘みの
光景を目にする。

小さなカゴを腰に巻いて
一芯二葉に伸びた新芽を
一つずつ摘み、鉄釜で炒って
水分が抜けシナシナになったら、
布製の揉み袋に入れ
アツアツを台(ワラで編んだむしろ)で
よく揉み、ゴザで天日に干す。

この新茶は煎じる前に
もう一度炒ると、
香ばしさは更にUP。
無農薬、一番茶、手摘み、
手揉み、炒りたて、+えこひいきで、
市販の茶葉には負けません。

(竹村)