いざ!小豆島へ—海洋民族に関して、 その奥深さについて語った—

bana.jpg8/21(木)

「エバレット・ブラウン氏とお会いできないだろか?」
ずっともやもやしていました。
小川社の藤井さんや社長などに、
背中を押してもらい、
弾丸で原さんと小豆島まで出張に行ってきました。

—-日本力(PARUCO出版)より引用—
日本は江戸時代以降 常に
江戸のガイジン、明治のガイジンによって
発見され、評価され、価値を見いだされてきた。
多くのガイジンは(ブルーノタウト、アーネスト・フェノロサ 他)
日本人独自の自然と人間の融合性、身体と精神などに惹かれる。
それらは、日本人が暮らしのなかで自然に身に付けた哲学ともいえる。(松岡正剛)——

20140826_housyo_nohonnryoku.jpgエバレットブラウン氏は
そんな日本を写真で表現している方だ。
松岡正剛氏とエバレットブラウン氏と共著した『日本力』では
「エバレットブラウン氏は、平成のアーネスト・フェノロサ」といわれている。
(アーネスト・フェノロサとは?アメリカ合衆国出身。東洋美術史家哲学者
明治時代に来日し、来日後は日本美術に深い関心を寄せ、
助手の岡倉天心とともに古の美術品を訪ね、
天心とともに東京美術学校の設立に尽力した)
===エバレットブラウンさんのトークショーについて===
20140826_housyo_iriguchi.jpg
8月23日に行われたトークショーは、MeiPAM という、
小豆島の展示企画の団体
迷路のような古民家のあつまりの中の空き家に、
三つの展示会を展開。4つ目をまた買い取り作る予定)が企画した、
[エバレットブラウン氏 トークショーの内容]
20140826_housyo_syasin.jpg海洋民族に関して、ジョークも交えながら
その奥深さについて語った。
起源について興味をもたれており、
小豆島民族の踊りがミクロネシアの民族の踊りに似ている事から、
海洋民族の共通性やルーツの可
能性を指摘していた。

20140826_housyo_toku.jpg
中にはiPhoneで撮った写真まで貼っており、
明治につかわれていたカメラを使った
自分の作品用の撮影と比較し
「原点」と「先端」のつながりをちらつかせていた。
エバレット氏が小豆島で魅力を感じた事は、
神話の形跡の残る自然や遺跡が点在していることや、
共同体の中に、共有できる非日常的な空間があることで
精神的に深くつながっていることなど。
現代の問題点にも触れ、
そういった精神性が崩れてきている事や、
土地となじめていない人が増えている事を指摘。
エバレットさんは、アリを食べれば、
その土地のことがすべて分かると言っており、
写真を撮るときは、
作品をどうその土地になじませるのかを常に考えているという。
小豆島にある自然の中に潜む、
アンコールワット風の遺跡のある神秘的な写真でも、
場所は教えず、「縁のある人がたどり着く」とほのめかしていた。
トークショー後半では、
この小豆島の、いい「文化の残り方」を例に、
私たちは、どんな文化を、誇り深く残して行きたいかを
考える必要が有るという事をお話しした。

トークショー後、他のお客様が解散した後にお会いし、

カフェで長い間付き合ってもらってお話を聞いていただいた。


国内外の若者が、奉書のプロでも扱えないような
大変貴重な奉書のすばらしさを残して
行こうとしている動きに非常に興味をもってもらい、
いろいろな方に紹介していただきました。
また小豆島で日本の文化を通して
現代を活気づける取り組みをなさ
皆様にもお会いできてたくさんのつながりができました。
これを今後の小川社の活動に活かせるよう、つながりを保って行く必要が有ります。
今回の弾丸出張では
言葉には、言い表せられない貴重な経験をさせてもらいました。
日報なのにちょっと感傷的になってしまいますが…..
私も小川社に育てられているなと身にしみて実感しています。

私は九代目岩野市兵衛氏が漉いた奉書に関わらせてもらってから、
根本とか原点とか、そこがすごく気になる。
何を使っているのか。どういう気持ちで作っているのか。
どんな人間関係があるのか。どんな生き方をしているのか。
おかげで、これからも答えが出る事は
一生ないと思うんですけど、
自分というものも、何をどう育てる事ができるのか、
モノづくりでも職人でもないんですが、
生き方が見えてきています。
まだまだ色々な世界を見ていないので、
これから変わるのかもしれないですが。
人を豊かにする会社というのは、こういうことだなあと。

今回の出張では、
エバレットブラウン氏だけでなく
小豆島や別の地域(千葉の方まで!)
活躍なさっているたくさんのお方とお会いし、
お話を聞いたり、聞いてもらったりする事ができました。

エバレット氏にたくさんのすばらしい方を紹介されたのですが
その中でもものすごい方にお電話でつないで
もらいお話しする機会を与えてもらい、
お会いすることになるかもしれないです。

その方に「どうやって売って行きたいの?」と聞かれ、
とにかく何に使ってもいいからいい紙を使ってほしい」
という岩野さんの気持ちと、この奉書を現代にもをつなげたい。と答えました。
これからどういう展開になるのか全く読めず、
なんとも言えないですが、
自分にできることをやって、
本当に沢山の人から刺激を受けながら、
どんな気付きがこれからあるのか、楽しみです。