ウッドデッキは床下の工法が大切!施主様にもご理解いただけるよう「持ち運びできる木もちeーデッキ縮尺モデル」完成!

deck_1_2.jpg木もちeーデッキ1/2縮尺モデルの梱包ケースができました。ケースにキャスターがついているので、会場まで運ぶが楽になります!ケースは展示会のサイドテーブルとしても使えます?(^o^)/ 


デッキ板を外すと床下の工法(サンドイッチ工法)がご覧いただけます。湿度が高い日本では、屋外につくるウッドデッキは痛みやすいので、どうしても塗料に含まれる防腐効果や海外からハードウッドを使う事例が多いのは事実です。


化学や流通の発展によりなにかと便利になりました。しかし「便利」の追求だけでなく、環境面からも持続可能なウッドデッキだろうか???という視点も重要な時代になっています。
sand.jpg
無垢の杉材×無公害保護塗料を使っても、施工方法や普段のちょっとしたお手入れで変わってくる!後々、施主でも気軽に修繕できる工法を作っておけば、修繕しながら長持ちできます。7月の展示会には、この縮尺モデルを持っていきます。この展示会では工務店さんと施主様が一緒にこられるケースが多いので、施主様にもわかりやすくご説明できる木もちeーデッキツールになると思います。

deck10.jpg