天然灰汁発酵染め で染めた奉書

miyabi_01.jpg

人間国宝 九代目岩野市兵衛さんに漉いていただく「草木灰越前奉書」を藍に染めていただいている工房「雅織工房」さんです。写真に写っているのが中西社長。ここでは天然藍100%で染めたジーンズがあるとのこと。「ジャパンブルー」という名前で東京などで売っているそうです。天然藍100%のジーンズ、見せていただきました。


す、ご、い。
ここでは江戸時代から続いている染め「天然灰汁発酵藍染め」という技法で染めています。





「藍を建てる」という言葉を知っていますか?藍という色は、藍という植物から発酵させて色を創るります。藍のご機嫌を伺いながら、色を創っていく姿をみていると、生き物を扱っているよう。

本物の[藍染め]は生き物なんです。



miyabi_02.jpg
中西社長は、藍の発酵状態を舌で確認しながら、染めに適した最高の状態を建ててくれます。岩野市兵衛さんの漉いた奉書を雅織工房さんが藍で染め、その染めた奉書をまた岩野さんが漉いてできたのがコレ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
miyabi_04.jpg

美しい

ai.jpg

▲余談ですが、天然灰汁発酵染めで染めた着物です。雅織工房さんは、ジーンズから着物、奉書まで素材にあわせ、藍を建てます。


iwano.jpg