ご飯がおいしく見える・・・?

ご飯を食べる時に何を気にしますか?ご飯に盛り付けられている食材の色や臭い味、など色々とありますよね。料理そのもの以外にもよく言われるのが料理に合う食器を使うとご飯がおいしく見えたりおいしく感じたりしますよね。さらに言うと、高級レストランなどでご飯を食べた時に雰囲気にのまれると言う事がありますよね。そこの高級レストランは、あまりおいしくないかもしれない・・・

けれども、お店の雰囲気がものすごく高級感にのまれてしまいおいしいと感じることがありますよね。
そんな中で、確実に手軽に少しでもおいしくさせてくれるアイテムがあると思います。
木材の種類にもよるのですが、すこしレトロな雰囲気のあるカフェにいるような雰囲気を出してくれる、未晒し蜜ロウワックスという物があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IMG_0867.jpg
おいしそうですよね。家の机に蜜ロウワックスをただ塗っただけなのですが、おいしくみえます。尾鷲で取れたイワシに、東紀州の木材、そして地産の蜜ロウ。地のもので地の素材を使うことでさらに美味しく感じることが出来ると思います。
そもそも地のものを使うと何がいいのか?っていう話があります。なんでだと思いますか?
それは気候があるからだと思います。東紀州の環境で育った木材を東紀州で使うことで最適な環境で素材を使えると思うのです。
極端な話なのですが、ホッキョクグマを南アフリカで生活させたら無謀ですよね。
外材がダメとは言いませんが、寒く乾いた土地で育った木材をあたたかく湿度がある環境の場所で使うことを考えたら、厳しいと思いますよね。
なので、宣伝が多くなってしまいましたが未晒し蜜ロウワックスと尾鷲ヒノキを、おすすめします。
よければ、未晒し蜜ロウワックスを試してみてください!
文:小川耕太郎∞百合子社 : 原 吉輝