土壌や水質を汚染する有害化学物質29項目について分析試験を行いました(ウッドロングエコ安全性についての試験結果)

ウッドロングエコの製造は北欧からカナダに移住した一家族が調合、製造しています。成分公開による類似品を防ぐため、特許の申請や成分開示をしていません。安全性をお伝えするために、以下の試験結果を公開しています。この度、土壌や水質を汚染する有害化学物質29項目について、ウッドロングエコを塗布する前の水に溶かした状態の水溶液を試験した結果は以下の画像をご覧ください。有害化学物質はすべてについて不検出となりました。

 seibun_ページ_1.jpg

ウッドロングエコから有害な化学物質が検出されない試験結果

 『「土壌汚染対策法」ってなに?』といわれるほど、まだまだ認知度が低い環境省(日本)の法案ですが築地市場の移転の問題の件で「土壌汚染した土地」に対して関心をもった方が多いのではないでしょうか。ヨーロッパの一部の国では土壌汚染されてない土地は不動産価値が高いそうです。

 

また、近日中に、淡水及び海水での防腐処理木材の有毒性に対して水性生物試験の結果をお知らせいたします。ニジマス、ミジンコ、マイクロトックス、海水魚のイトヨを使いLD50の急性毒性試験を実施した結果、ウッドロングエコを塗布した木材は、淡水中及び海水中で毒性を有しないことが示されました。

 

 

小さな行動ではありますが、子ども達が大きくなったときに健康な土&水をギフトできるよう、これからも環境に配慮した商品を販売していきたいと思います。今後とも宜しくお願いします。