小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>NEWS >2019年8月26日(月) 19:00~天満荘でに 三万年前の航海再生プロジェクトのメンバーが よるしゃべ でトークします。。

NEWS

2019/08/19

2019年8月26日(月) 19:00~天満荘でに 三万年前の航海再生プロジェクトのメンバーが よるしゃべ でトークします。。

なんと2019年8月26日(月)
19:00~天満荘で
ビックリするような方が来鷲。



国立科学博物館が企画した
最初に日本列島にきた人類の
「人類の歴史」、
「日本人のルーツ」を、
本気で探求する夢とロマン溢れるプロジェクト。





準備に3年、実行に三年かけた
3万年前の航海再生プロジェクト
航海再現 のメンバー の一人、
海洋ジャーナリストの
内田正洋氏のお話を
聞けるそーです。






あまりにもスゴイことなので
この地域の子ども達にも
是非みてもらいたいと思い
興奮気味ではありますが
BLOGをかきました。




190809第5回よるしゃへ.jpgのサムネール画像


最近になり、3万年前に海をこえて
最初に日本列島にわたった人類。
いわば日本人のルーツともいえる
壮大な歴史の一幕が
明らかになってきました。
この祖先たちの海への挑戦を再現した
の航海再生プロジェクト は、
先日、無事 日本に到着したと
報道でしりました。







実は、昨年に蜜ロウワックスつながりで 
木舟を再現した雨宮大工を訪ね
主人と私が上野科学博物館へいきました。



猛暑の中、石斧だけで木舟をつくる姿に
心打たれ、我が家の仏壇には
木舟の際にでた木のかけらを供えています。


舟は考古学者の山田正久さん監修
造作は雨宮国広大工
木は能登産のヒマラヤスギです。










実験航海では、
できるだけ3万年に近い条件で
おこなわれています。

舟の材料は、3素材テスト(草??木)。
最終的に三万年前の石斧で
丸木舟をつくる実験として
雨宮大工がつくられました。




航海も同様に
地図、GPS、コンパス、時計などを
現代機器はもたないなど 3万年前の再生実験として行われています。
国立科学博物館としては珍しく
クラウドファンディングで支援をよびかけ
実施されたプロジェクト。







WEBやニュースよりも
プロジェクトメンバーの生の声で
聞きたい!!!

ページの
先頭へ