小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>メディア掲載 >『2019年6月21日付 中日新聞---熊野古道・八鬼山登山道 宮之上小3年生が整備』

メディア掲載

2019/06/21

『2019年6月21日付 中日新聞---熊野古道・八鬼山登山道 宮之上小3年生が整備』

20190621cyunichi.jpg---2019年6月21日付 中日新聞 より以下転載---

尾鷲市宮之上小学校の三年生14人が20日、同市向井にある熊野古道・八鬼山の徒然道整備に取り組んだ。



市が初めて企画した森林体験プロジェクト「僕らのあそび場づくり 山育・木育・おわせ行く」の一回目。指導役として三重大生物資源学部の教授や市内で古道の整備に取り組む団体のメンバー、市や県の職員ら15人ほども参加した。



そろいの青い作業着に地下足袋の児童らは、八鬼山登り口から約600m歩いた山中で、登山道を覆っている木の枝や石を道の端によける作業に汗を流した。



その後は25年前に植樹されたヒノキの幹の太さを測定。間伐をすることで、木に十分な生育面積と養分を与えられることも学んだ。



八鬼山をはじめて訪れた畦地優衣さん(9才)は「石や木の枝がたくさん落ちていて転びそうだった。きれいにしたら歩きやすくなった」と笑顔を見せた。



プロジェクトは10月まで毎日一回開催。次回は7月4日に八鬼山で間伐作業を見学する。

ページの
先頭へ