小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>小川社リレー >養蜂の発祥地「熊野」で養蜂を営む

小川社リレー

2018/10/31

養蜂の発祥地「熊野」で養蜂を営む

mitsu04.jpg『養蜂の発祥の地「熊野」で養蜂を営む。』前回の中村さんの蜂蜜の話の続きです。

日本初期.jpg

(▲画像はアマゾンの出典よりお借りしています) 


文献上で「蜜蜂」という語が使われたのはなんと『日本書紀』の643年の下り。「百済人の余豊が、奈良の三輪山で養蜂を試みたけれどうまくいかなかった」という記録が残っています。

 43124936_1390491781084733_1604194491491680256_n.jpg


また、江戸時代の『山海名産図絵』には当時の養蜂の様子が描かれ、図の上部に「熊野」という文字が見られます。養蜂はこの熊野の地から始まったそう。



05mitsu.jpg 

中村さんの書棚には、養蜂や蜂蜜に関する書物が並びます。『実験四十年 養蜂実務講和』(大正14年)は、中村さんがおじい様から引き継ぐ大切な一冊です。

 

小川社で取り扱っている中村さんの黄金色に輝く蜂蜜と、中村さんと共に生み出した『未晒し蜜ロウワックス』を持って、もし時代をさかのぼれたなら、人びとはどんな反応をしてくれるだろうか。そんなことを思いながら、新蜜(その年に採れたばかり蜂蜜)をひとさじ含む秋の一日です。(文:山本)

 

蜂蜜 親蜜 日本書紀 養蜂 奈良 三輪山
飛鳥時代 熊野 山海名産図絵 蜜ロウワックス


#蜜ロウ 
#蜜ロウワックス 
#蜂 #蜂刺す
#スズメバチ 
#オオスズメバチ 
#キスズメバチ
#アナフィラキシーショック 
#アレルギー反応
#養蜂 
#服装 
#大丈夫 #大丈夫じゃない
#芙蓉 #青空 #秋晴れ #風景 ##beeswax 
#養蜂
#beekeeper 
#partnership 
#サステイナブル
#sustainablestyle 
#シックハウス対策 
#ethical
#kumano #熊野

ページの
先頭へ