小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>小川社のCSR活動 >[第16期]社会コスト寄付先の活動報告  尾鷲市天満浦の古民家「天満荘」の植樹記念

小川社のCSR活動

2017/06/16

[第16期]社会コスト寄付先の活動報告  尾鷲市天満浦の古民家「天満荘」の植樹記念

sate01.jpg

2017年3月に三重県尾鷲市天満のNPO法人天満浦百人会の松井様から「此処をおとづれる方々に四季の花々でおもてなしをしたい。此処には夏に咲く木々がないので百日紅を植樹したいので寄付をしていただきたい」というご依頼を受けました。


sate02.jpg

小川耕太郎∞百合子社が取り組む[第16期社会コスト]の還元先として、天満浦百人会の拠点地「天満荘」に百日紅の苗他を寄贈させていただきました。松井さんの旦那様と父とは50年以上の長いお付き合い^ ^来月は義父の一周忌なので、義父も喜んでいるだろうと思います。



sate04.jpg


三重県は「産学官民連携コンソーシアム」といい、産業界と学校(特に大学や大学院、高校)とが互いに協力し、共同研究、商品開発、技術教育、学校のもつ特許の使用などを具体的に促進するためのプロジェクトを進行しています。進行に厚みをもたせ具体化するためには、大学間での連携や、行政、NPOやNGOといった社会の受け入れも不可欠となります。産学官民それぞれの交流をもつために三重大学生物資源科の学生や教授達の拠点として三重県内に4つの地区(東紀州、伊賀、四日市、伊勢志摩)にサテライトを立ちあげ、地域創世活動を進めています。


sate03.jpgのサムネール画像
2017年4月5日、NPO法人尾鷲市天満浦の古民家「天満荘」が、三重大学(津市)の東紀州サテライト 東紀州産業振興学舎に認定され、記念植樹がありました。





明日、6月17日(土)に第一回環境水産フォーラムが開催されます。



三重は地形的にも面白く様々な生物が多様に存在する地域です。今回のフォーラムでは、これからの未来、これらの生物資源を産業として生かしつつその資源が持続可能であるよう、具体的な取り組みの報告があります。

20170518_tennmansou.jpg

明日、6月17日(土)に第一回環境水産フォーラムが開催されます。三重は地形的にも生物が多様な地域です。フォーラムでは、これからの未来、これらの生物資源を生かしつつその資源が持続可能であるよう、様々な取り組みが報告されます。


■三重大学と尾鷲市の共同研究の紹介と今後の構想■

(1)尾鷲市早田地区における藻場の再生活動 

(2)マリンバイオリファイナリー研究の取り組みと今後の展開 


■学生参加型地域課題解決プロジェクト

(3)天満浦での無農薬甘夏加工・販売および天満荘の整備

(4)尾鷲市紀北での「生物資源の社会調査実習」の実施

(5)熊野サミット2017について


■尾鷲市からの話題提供

(6)共通価値の創造 (尾鷲物産株式会社 総務参与 村田浩子氏)

(7)今後求められる長期インターシップの在り方 (株式会社熊野古道おわせ支配人 伊藤将志氏)






#東紀州サテライト #三重大 #社会貢献活動 #小川耕太郎百合子社 #CSR #尾鷲市 #コーズリレイテッドマーケティング #コーズブランド #サスティナブル #協働

ページの
先頭へ