小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>週刊わっ! >国内外の20代の感性を取り入れ行動させる!知恵を未来に、世界へ

週刊わっ!

2014/08/26

国内外の20代の感性を取り入れ行動させる!知恵を未来に、世界へ

825bana.jpg【2014年8月25日 インターン ドナ・イスマイリの日報】
朝 出張の報告書をまとめる
昼 社長とこれからの進行方法を話しあう
夜 明日、百合子さんと話し合う上で、まだ内容の詰まっていないところを詰める。
  (私は文・原さんはデザイン、意見を共有しながら役割分担)
 



【小豆島 弾丸出張を経て気づいた事】
自然素材を扱う会社として、
小川社は自然素材に関する職人との
横のつながりが非常につよく、
いい関係が保たれており、
職人や農家の誇りを支え、
そしてそれによって自然の循環を守ることに貢献している。


新しく売り出す動きをしている奉書では、
自然素材というだけでなく、
300年の深い歴史がある伝統というところが絡んでいるため、
伝統という分野で新たに横のつながりを
作って行く必要が有ると感じた。


その上で、エバレット・ブラウンさんをはじめ、
和紙の世界の方とも考え方を共有し、
自然と共存した精神的な豊かさを育むための知恵と、
職人の関係性という、自然素材の会社ならではの、
新しい視点を伝統の世界に放り込むことが刺激を生み、
新たな発想につながるのだと思います
私が此処に居る間で、実際に人と会う事で得られる
横のつながりも、この活動の一環として手を抜けないと思いました。


ホームページは私たちの活動の存在の証明として、
信頼を得るために絶対的に不可欠なものであるため、
手抜きをしないものを作る必要が有ります。


和紙の世界のプロでなく、

自然の資源全般を大事にした会社が、

20代の国内外の若者に自ら調べ上げさせ、

実際に動くために背中を押し、

技術を継承する事の大切さを、世代を超えて伝えようとしている。

 

神秘的な藍染めの奉書は、高級すぎてプロにも扱われない。

その技術を守って行くためにとにかく行動を起こす事の

大切さを伝えたい

 

国内外の20代の感性を取り入れ行動させる事で、
知恵を未来に、世界につなげていくその活動、
そしてその裏にある想い自体に
興味を持ってもらいたいと思います


そこで、トップ画面では、今回のプロジェクトの動きが
見えるような視覚導線が大事なのだと考えを組み込んだ、
ホームページ構成も提案する必要があると気づかされました






ページの
先頭へ