重要なお知らせ 重要なお知らせ

「エコウッドトリートメント」という商品が「ウッドロングエコの実績を流用」していますが、まったくの別物です。製造元より注意勧告がでていますのでコチラをご覧ください。

屋外につかう木材へ塗る
防護保持剤
『 ウッドロングエコ 』

ウッドロングエコ ウッドロングエコ

WoodLong-Eco(ウッドロングエコ)は粉末製品です。
水で溶いたウッドロングエコ水溶液を木材に塗布することで、
木の表面や断面から腐朽菌を入りにくくする
表面処理用の水性木材防護保持剤(屋外用)です。

ウッドロングエコとは?

北欧のきこり達が代々伝えてきた
『 木材防護保持剤 』

小川 耕太郎 小川 耕太郎

北欧のきこり達が、家族ごとに代々伝えてきた木材防護保持剤がありました。
後にカナダに移住した一家族が、歴史的文化材のログハウス修復のためにこの保持剤を復活させ、その後、文化財修復の専門家により環境に関心の高い建設業者や造園家の間で広まり事業化し、ウッドロングエコが誕生しました。
小川社ではウッドロングエコを塗布した木材が最終的には「土へ還れる」「焼却しても害をださない」という安全性を重視し、また、この商品の最大の特徴である「塗りなおし不要」という点からみても、長い目でみれば経済性が良いためサスティナブルな商品だと考え2002 年より販売代理店となりました。
高温多湿の日本では、ウッドロングエコ塗布後の木材を「どのように扱えば長もちするのか」をお伝えし販売しています。
一部例外があります。詳細をご覧ください。

原料と安全性 原料と安全性

原料は酸化鉄・樹皮・ハーブ
などの天然成分を使用

土壌汚染、水質汚染
をしません

内装に使用しても
使用制限なし

安全性に関する試験結果

ウッドロングエコの製造は北欧からカナダに移住した一家族が調合、製造しています。
成分公開による類似品を防ぐため、特許の申請や成分開示をしていません。
安全性をお伝えするために、以下の試験結果を公開しています。

ウッドロングエコに関しての試験結果

・1枚目…ウッドロングエコから有害な化学物質が検出されない試験結果
土壌や水質を汚染する有害化学物質29項目について、ウッドロングエコ水溶液を試験した結果、別表の通りすべてについて不検出となりました。
・2枚目…ウッドロングエコを塗布した木材のVOC試験結果
ウッドロングエコを塗布した木材を屋内で使用する時のホルムアルデヒドを試験した結果「「内装仕上げ使用可能面積の面積制限がない」分類基準以上のデータとなりました。
・3枚目…カナダの製造元提供の土壌汚染をしないことを示した試験結果
・4枚目…成分安全データシート
ウッドロングエコに関する試験結果 〉

ウッドロングエコ塗布木材は水生生物に急性毒性がないことを示した試験結果

Environment Canada(カナダ環境省)は、2007年に、淡水及び海水での防腐処理木材の有毒性に対して水性生物試験を実施しました。ニジマス、ミジンコ、マイクロトックス、海水魚のイトヨを使いLD50の急性毒性試験を実施した結果、ウッドロングエコを塗布した木材は、淡水中及び海水中で毒性を有しないことが示されました。
水生生物に急性毒性がないことを示した試験結果 〉

価格と塗布量の概算方法 価格と塗布量の概算方法

ご購入前にご確認ください

ウッドロングエコを塗布する前に、必ずカタログを熟読してください。
WEBからもカタログが読めます。
また、4つの確認事項を必ずお読みください。

ウッドロングエコ 20g

4,620円(税込)

【屋外専用】土壌・水質汚染なしの天然成分100%の木材保護防護保持剤です。20gで約14~18平方メートル(二度塗りで)塗れます。木の風合いを生かした自然な質感が特徴です。

商品のご購入はこちら

ウッドロングエコ 100g

20,020円(税込)

【屋外専用】土壌・水質汚染なしの天然成分100%の木材保護防護保持剤です。100gで約70~90平方メートル(二度塗りで)塗れます。木の風合いを生かした自然な質感が特徴です。

商品のご購入はこちら

ウッドロングエコ 3g

858円(税込)

【屋外専用】土壌や水質汚染をしない、木材保護防護保持剤「ウッドロングエコ」。3gで約2平方メートル塗布できます。

商品のご購入はこちら

ウッドデッキ材にウッドロングエコの塗装を考えている方へ

大引き専用板金 550円(税込)

長さ:1m× 天端巾95 ㎜ × 折り曲げ10 ㎜ × 厚み0.35 ㎜
素材:カラーガルバニウム 色:ブラウン

大引きの上部にかぶせる専用板金です。ネットショップでは掲載していないため、必要な方はお問合せください。
TEL:0597-27-3361(平日8:30 ~ 17:00)
お問合せフォームはこちら

※小川社の自社実験の結果、耐久性が各段にあがることがわかったことから、ウッドデッキをつくる際はデッキの床下を『大引BP 工法』でつくることを推奨しています。詳細はこちらをご覧ください。

塗布量の算出方法

塗布する箇所の確認をしてください

木の表面+裏面+木口+側面+現場でカットした木口へ塗布します。
木の表面だけでなく、木裏や木口も計算に入れ算出してください。

1算出方法(刷毛塗り)
樹 種 塗布面積 ウッドロングエコ
粉末量
容水量 塗布回数
約 2 ㎡ 3 g 0.5 ℓ 2 度塗り
ヒノキ・松 3 度塗り
荒材 約 0.6 ㎡ 2~3 度塗り
約 14 ㎡ ~ 18 ㎡ 20 g 3.8 ℓ 2 度塗り
ヒノキ・松 3 度塗り
荒材 約 4.7 ㎡ ~ 6 ㎡ 2~3 度塗り
約 70 ㎡ ~ 90 ㎡ 100 g 19 ℓ 2 度塗り
ヒノキ・松 3 度塗り
荒材 約 21 ㎡ ~ 27 ㎡ 2~3 度塗り

ヒノキやマツなど油分の多い木、
または節のある箇所

水溶液をはじき、内部に浸透しにくいため、ハケでまんべんなく押し付けながら塗りします。

荒材を使用する方へ 荒材を使用する方へ

カンナ仕上げをしない材は水溶液の浸透量が多いため塗布面積が1/3 以下になります。

2算出方法(水槽浸し塗り)

この方法は木が水溶液を多く吸い込むため、塗布面積が1/3 以下になります。
塗り方のコツについては塗装仕様書をご覧ください。

1刷毛塗りのコツ
2水槽塗りのコツ

ウッドロングエコの経済性 ウッドロングエコの経済性

ウッドロングエコ ウッドロングエコ

ウッドロングエコは、湿潤と乾燥の繰り返しにより
木の表面にウッドロングエコの成分が含侵する
表面処理用の水性木材防護保持剤です。

その質から以下の点でお得です。

理由1 基本的に塗り直しメンテは必要ありません! 理由1 基本的に塗り直しメンテは必要ありません!

塗膜のように剥がれる塗料ではないため塗り直しの手間がありません!

理由2 理由2

外壁の場合、塗り直しの度にかかる塗料代以外のコスト(足場を組むなど)も削減!

材料費約200園/㎡~ 様々なコストを考えると「結果的に安い!」と考えられます 材料費約200園/㎡~ 様々なコストを考えると「結果的に安い!」と考えられます

しかし、何もしなくて良い訳ではありません。

小川耕太郎
小川耕太郎

ウッドロングエコが
不向きな材もあります。

ウッドロングエコの性格をご理解いただきお使いください。
詳細は下記の『4つの確認事項』や『3つのポイント』、『再塗装するケース』をご覧ください。

再塗装するケース

  • ###dummy###
  • ###dummy###
  • ###dummy###
  • ###dummy###

実 績

ウッドロングエコの海外での実績は長く、塗ってから60年間以上効果が持続した例もあります。
日本で販売をはじめたのは2002年、約20年程度の実績しかありません。
効果の持続期間は、天然物だけでできた無害な木材防護保持剤という性質上、その土地の気候や環境、施工条件、樹種及び樹齢などに密接な関係があります。木は一本一本性質が違うため、絶対的な数値で「長持ち」を表現するのは難しい面があります。
以下、一つの実績としてご報告させていただきます。

電子カタログを読む

PDFのダウンロードはこちら PDFのダウンロードはこちら

ウッドロングエコの経済性 ウッドロングエコの経済性

商品の使い方サポート・塗装中のアクシデント対応

塗装中のアクシデントは
電話またはオンライン相談で

①まずはお電話にてご連絡ください。
TEL:0597-27-3361
(平日 8:30~17:00まで)
②現場の状況をみせながらご相談を希望される方もまずはお電話ください。必要に応じてオンラインでの対応もいたします。

お引渡し後の
施主様へのお願い

完成・お引き渡し後、木材を安全に長持ちさせるためには、日頃から「通風」「水はけ」をよくすることにご配慮ください。
詳しくはこちらをご覧ください。