カテゴリー: 週刊わっ!

杉の追い柾目板をつかって、外装をリノベーション

都電早稲田駅から歩いて数分のところにある我楽田工房様が、私のセレクトした「杉赤身追い柾目板」と「木もちeーデッキ 栗」を使って、玄関まわりを改装されました。 ▲内側から見た玄関 先日、出来上がった玄関まわりを見に行ってき… もっと読む »

「山SUN通信17号」を振り返る

今日、出来立てほやほやの「山SUN通信17号」が届いた。フルカラーの全64ページ、30,000部。デザインや編集のプロ3名にも加わって頂き、半年がかりで作り上げた渾身の総合カタログです。 第1号は確かA3のコピー用紙3枚… もっと読む »

ホットレモネード と 娘の成長

ホットレモネード♪ 娘がいつのまにかおおきくなって、温かい飲み物を一緒にフーフーして飲めるのが嬉しい。 1/5くらいの分量になった所でこの時期実るレモンをたっぷり漬け込み、はちみつレモン。 台所におくだけでテンションがあ… もっと読む »

「檜皮葺き(ひわだぶき)」

「 「檜皮葺き(ひわだぶき)」 地元の製材所に、丸太からカットした檜皮(=ヒノキの樹皮)が積んであった。高野山の寺屋根の葺き替え用らしい。本来なら原皮師(もとかわし)という職人が立ち木によじ登り樹皮を剥ぐのだが、危険かつ… もっと読む »

伝統という 美意識を 生活の中に

「伝統という 美意識を 生活の中に」 製材の面白いところは、丸太の挽き方のよって、同じ木でも表情が全く異なるところだと思います。一般のフローリングは「板目」といい、丸太を年輪に接するように挽いた木目で、年輪の模様が曲線状… もっと読む »

縄文時代の家は「栗材」をつかっていた!

「木の文化」を育んできた日本~栗材~ 昨年、小川耕太郎が東北の製材所と組み「栗のデッキ材」を商品化しました「今の日本で、これだけの量bの栗材を在庫している製材所は少ないから(談:耕太郎)」といってどっさり仕入れをしました… もっと読む »

新年のご挨拶–2016年

私の信条は「やったれ精神」。やったれと走りはじめ、現場をみながら売り方をつくれ!です。 本年から、新しい商品が加わります。(1)エンドマッチ仕様の「木もちeー外壁(縦張り)」、(2)「「追い柾目の杉(赤身)の内装材と外装… もっと読む »

木を見極める目を養った 「山調べ」と製材工場–蜜ロウワックス開発秘話PART1—

安心、安全なものを選択する方たちに支持されている、蜜ロウワックスとミストデワックス。化学物質を含まないが故に、商品化には多くの難問が次々と立ちはだかりました。皆様にお届けできる商品が出来上がるまでの道程を振り返りました。… もっと読む »

3人のおこさんがいる子育てママのササッと大掃除

早いもので師走に入ったとおもったら、もう8日たちました。 今日は3人のお子さんをもつ子育てママの家を訪ねました。上の子は小学生と幼稚園生ですが・・・末っ子のFちゃんはママと2人きり。今日は不機嫌なのかな?ずっとグズグズし… もっと読む »

夜勤明けのママと一緒に、家族で蜜ロウワックスを塗布

ふぁーと木のにおいが香る、Yさん一家のお宅は、地元の木をふんだんにつかい家を建てました。今日は家族みんなで蜜ロウワックスがけをします。助産師さんの奥様は、夜勤明けというのに・・・・ママを筆頭に床に家族で蜜ロウワックスを塗… もっと読む »

国産栃フローリング 3つのサイズ展開で販売します

国産栃のフローリングが3つのサイズ展開を揃えました。これで広さに応じてお使いいただけるかと思います。まだカタログ、WEBなどできていませんが、来年の3月頃にお届けする山SUN通信頃に揃える予定です。 ▲国産栃のフローリン… もっと読む »