カテゴリー: 木の住まい

GWに「春の衛生お掃除」をしませんか?–拭き掃除がウィルス対策として見直されています–

▲蜜ロウワックスのパートナーシップ 中村養蜂家一家 「小川さん、ヨーロッパや南半球はすぐに国境封鎖をしたでしょ。歴史上、大陸続きの国は感染病によりほろんだ民族もあることから、意識が違うんやろうね。地球は一つの星。だから私… もっと読む »

用の美 ”薪ストーブがある家”

やっと巡り合えた。 何年も土地を探した。 そこは 空が広かった。 大山(ダイセン)がみえた。 子ども達は のびのび芝生庭で遊ぶ 家の中を縦横斜めにグルグルまわる 薪ストーブは抜群に暖かい 畑から夏野菜を収穫した。 日々の… もっと読む »

友人が法事のため 実家に帰省し、無垢の縁側についた 雨ジミや白抜けのメンテに挑戦

▲ビフォー 耕太郎です。GWはいかがお過ごしでしょうか?今日、友人が法事のため実家に帰省し、無垢の縁側についた雨ジミや白抜けの部分をミストデワックスで汚れを落とし、蜜ロウワックスで磨いた写真を送ってくれました! ▲アフタ… もっと読む »

雨シミはいくつものシミが層になっている。

蜜ロウワックスで無垢のフローリングや家具を施した方の メンテナンスとしてだした『塗りなおしメンテナンスセット』をはじめ早2週間経ちます。 お陰様で多くの方々からご相談をいただきました。意外なのは、他メーカーの自然塗料を塗… もっと読む »

[10倍希釈]ミストデワックスで松脂を落とす

フローリングを張ってからも でてくる「松ヤニ」。 松は油分があるため、 ある程度の年数が経てば飴色になり いい味になるのですが・・・ 張ってしばらくは気になるという お客様が多く、以前、 ある展示会にでたときに 「松のフ… もっと読む »

古民家の縁側についた雨シミを、ミストデワックスで洗い、蜜ロウワックスで磨く—現場商品テスト—

先週の土曜日につづきです。今日は昭和一桁の時代に建てた古民家の縁側(無塗装)の雨シミを目立たなくしてからミストデワックスで磨きます。 古民家の建具は風情ある木の建具が多いため、気密が低く、土埃や雨が入ることが多いのと、昔… もっと読む »

夜勤明けのママと一緒に、家族で蜜ロウワックスを塗布

ふぁーと木のにおいが香る、Yさん一家のお宅は、地元の木をふんだんにつかい家を建てました。今日は家族みんなで蜜ロウワックスがけをします。助産師さんの奥様は、夜勤明けというのに・・・・ママを筆頭に床に家族で蜜ロウワックスを塗… もっと読む »

無垢材のお手入れ—年月とともに深みがでてくる—

お客様からよくいただくご質問の中に「無垢の木のフローリングは「お手入れがむずかしい」」という声を耳にします。実際に長く暮らすと経年≒汚いにならないのが無垢材の魅力です。 でもどうしても気になる方へ・・・無垢材の汚れについ… もっと読む »

木もちeーデッキ、解体中。

日本一雨量が多い三重県尾鷲市。7年半前に木もちeーデッキでウッドデッキをつくりました。昨年の2月、小川社がインターン生を受け入れ、このウッドデッキを解体し「湿度の高い日本で どのようなつくりをしたら ウッドデッキが長持ち… もっと読む »