カテゴリー: 山のお話

茶摘み

「茶摘み」 「夏も近づく八十八夜・・・」 今年の八十八夜は5月2日だったが、この時期は「もう茶は摘んだかい?」が挨拶になるほど、あちらこちらで茶摘みの光景を目にする。小さなカゴを腰に巻いて一芯二葉に伸びた新芽を一つずつ摘… もっと読む »

藤の花

「藤の花」暖地の尾鷲では、春から夏への季節の移り変わりが早い。いま山中で、淡い紫色を見せているのは桐の花だが、2〜3週間前は藤の花が盛りだった。他木の樹冠から、あでやかで上品な風情をのぞかせる藤の花だが、樹の下にもぐって… もっと読む »

「林業の仕事は、いい仕事をしたかどうかの結果が出るのは俺たちが死んだ後だ(親方)」–映画WOOD JOB!神去なあなあ日常を見た–

いま話題のロードショウ「WOOD JOB!–神去なあなあ日常–」を見た。 大学受験に失敗し、ごくごく不純な動機で林業の世界に飛び込んだ都会のヘナチョコ主人公、平野勇気(染谷将太)が、1年間でちょび… もっと読む »