小川耕太郎百合子社

蜜ロウワックス体験談のご紹介

雨シミはいくつかの層になっているシミです。

蜜ロウワックスで無垢のフローリングや家具を施した方のメンテナンスとしてだした『塗...続きを読む

ミストデワックスと蜜ロウワックスで古民家のお手入れ

ある販売会社から蜜ロウミストデワックスを「安全安心クリーナーとして販売したい」と...続きを読む

古民家の縁側についた雨シミをミストデワックスで洗いと蜜ロウワックスで磨く

先週の土曜日につづきです。今日は昭和一桁の時代に建てた古民家の縁側(無塗装)の雨...続きを読む

夏休みです!子ども達だけでコルクタイルの塗り直しメンテナンスをしました。

夏休みですね。お外も暑くて、毎日母子は退屈です。時間もたっぷり。・・というわけで...続きを読む

築90年の古民家「天満荘」を蜜ロウワックスで磨く

昨日から尾鷲市天満にある「天満荘 http://tenmaura.org/ 」に...続きを読む

画家の形跡を残し、風合いを生かした「蜜ロウクリーニング」

画家の故永井潔氏の自宅兼アトリエを綺麗にして、「永井潔アトリエ館」とカフェにされ...続きを読む

昭和の佇まいを活かしながら、CAFEへリノベーション--日光くじら食堂

日光の住宅街に隠れ家的なCAFE「日光くじら食堂」がある。弊社の商品を愛用してい...続きを読む

やわらかで優しい家

2017年3月30日、幾何楽堂の小坂さん達が建てたお家で、建築に携わった人たちを...続きを読む

蜜ロウワックスのメンテナンス---子育てと仕事に追われ6年間メンテができなかったお宅編---

かっかわいい♪♪ 写真(^o^)今日は、男の子3人の子育てをしながら働くネイリス...続きを読む

蜜ロウワックスで磨く やわらかな時間---木製品のお手入れ---

こんにちは!今年は暖かく、福岡はようやく秋が深まってきてようやく紅葉が見頃です。...続きを読む

コルクタイルをミストデワックス+蜜ロウワックスでお手入れ!

こんにちは!夏が終わってもずっと蒸し暑く、最近になってようやく涼しくなりました...続きを読む

娘と一緒に玩具を磨く、やわらかな時間。---蜜ロウワックスと人---

毎日使う子供用の椅子、左は手作りで1年使用、右は木材屋さんで購入した音楽を聴かせ...続きを読む

夜勤明けのママと一緒に、家族で蜜ロウワックスを塗布

ふぁーと木のにおいが香る、Yさん一家のお宅は、地元の木をふんだんにつかい家を建...続きを読む

三姉妹で塗る「蜜ロウワックス」

どこの家にも其々「住まいのテーマ」のようなものがあって、このお宅は「鍛える家--...続きを読む

「手で触れて、考え、決断する」----整体師としての木工

整体人の主 加藤保さん(以下)整体人に施術の考え方を聞いた。「最近、整...続きを読む

半径5km圏内の木を使って建てた ゲストハウス で 聴く森の音楽会

2014年6月20日(金)に和歌山県那智勝浦町井鹿という町で「森の音楽会」が開か...続きを読む

家を建てたOBも多く参加 (^o^)住まいの勉強会

小林建設様は、OMソーラー協会&チルチンびと地域主義工務店の会員さんでも...続きを読む

蜜ロウワックスのメンテは、子ども達で。

▲s家の子ども達は絵が上手   尾鷲ヒノキをふんだんに使ったSさん家...続きを読む

この家との出会いがすべてを繋げてくれた。---日光くじら食堂---

築50年、昭和の佇まいが息づく やわらかな時空をこのままに・・・・リノベーショ...続きを読む

ありのままの姿を写し彫る---心庵まほろぼ---

     一年前になるだろうか?犬を連れ海岸に散歩したとき、偶然に松...続きを読む

総勢7名(工務店さん×大工さん×施主様×施主様ご両親)で蜜ロウワックスを塗布!

◆日時:平成17年4 月21 日(金)9:00?14:00 ◆場所:S 邸(尾...続きを読む

子どもの喘息がキッカケで自然素材の家を建てることになった。将来はコノ家で店を開く!20代が建てた家

「将来はココで店をやりたい!」という夢をもつ小栗ご夫婦。まだ20代です。なんて...続きを読む

カラダを壊してから「食」だけでなく「暮らし全体」をチェンジしました--野菜cafe廻--

    2010年より、栃木県日光市でcaféを営んでいる「...続きを読む

想いが宿った積木

7年前になるでしょうか? お客様からの手紙に写真が添えられていました。手紙には...続きを読む

床に描いた落書きも一新! 子ども部屋の床をリメイク

ここのお宅は、子ども達の遊びスペースには転んでも痛くないよう杉のフローロングを...続きを読む

大量生産の椅子とテーブルをリメイク

三重県南部に「道瀬(どうぜ)」という小さな集落があります。   ▲ラ...続きを読む

窓からそそぐ光を まぁるい光に変える

2014年春  窓辺から柔らかな光が注いできた     &...続きを読む

一見、蕎麦屋。実はこのお店は農山村再生を実現する「山帰来プロジェクト」の取り組みの場でもあるのです。

神社の境内を思わせる大谷石の石畳、その先にたたずむ小来川産の杉をふんだんに使っ...続きを読む

荒れた山林の手入れをし、10年後豊かな森へ。その一角に建てた家

  10年前に手入れをされていなかった杉、ヒノキの山林の一角(場所:...続きを読む

働くと暮らすが同居する家

小川耕太郎∞百合子社のお客様はとても個性的な方が多く、お客様から刺激を受けたり、...続きを読む

インターン生の寄宿舎を自然染料×蜜ロウワックスでリメイク

▲築50年くらいの小屋2013年2月に小川社にインターン生がくることになり、急...続きを読む