塗り方、塗布後のメンテ

溶く前に

ウッドロングエコを水で溶く前に塗布面積を算出する

ウッドロングエコ 水 ポリバケツ
ウッドロングエコ 塗布面積
3g 0.5ℓ 2度塗りで約2㎡
20g 3.8ℓ 2度塗りで約14~18㎡
100g 19ℓ 2度塗りで約70~90㎡

溶く

溶く容器はポリバケツをご使用ください

溶液は弱酸性のため、金属製のバケツ(アルミなど)をご使用になるとサビが生じることがあります。

塗る前に

養生について

塗る前に、溶液がまわりに付着しないよう、シートなどで養生してください。

ステンレス製の釘またはメッキ処理された釘をお使いください

極寒地域の場合

塗布した直後にウッドロングエコが凍結するような気温下では、効果が期待できません。

塗る

塗布方法

木材を全面塗布してから施工してください。(表、裏、木口など)

施工後に塗装すると、塗れない部分、塗りにくい場合があります。

刷毛塗り ゆっくり刷毛で押すように2度塗り
木材を浸す 塗布する木材が大量の場合は、水槽やタンクなどに溶液をため最低10分間木材を浸し下さい。

塗り残しの無いように丁寧に塗ってください

木口、ひび割れ部分

この部分は溶液の浸透が早いので、塗り残しのないように気をつけてください。

樹脂を多く含む木材(例:ひのき)及び箇所(例:節)

樹脂のため溶液が浸透しにくく、水滴になりすべり落ちることがありますので、丁寧に3回塗布してください。また樹脂を多く含む木材は色変化に時間がかかります。

色変化を早めたい場合

水に濃いめにウッドロングエコを溶かすか、塗布後完全に乾燥させてから、水で表面を濡らし乾かすことを何度か繰り返してください。

塗布後

片付ける

作業終了後は、お湯とせっけんで手や使用した道具などを洗い流してください。
シンナーや有機溶剤などは、一切必要ありません。

塗布後一週間後に、塗った面を確認する

一週間ほどたつと、塗り残しや塗りムラなどが、色の具合ではっきりとわかります。
塗り残しのある個所は再度その部分を塗布してください。

充分に乾燥するまで養生をする(晴天で3日程度)

塗布後、十分に乾燥する前に雨などにあたると、成分が流れ、周りのコンクリート、漆喰、金属類にシミがつくことがあります。

保管する

水に溶いた状態で保存する場合は、冷暗所に保存し、
半年(夏季は一か月)以内に使い切ってください。
冬場は溶液が凍らないところに保管してください。粉末は、常温で半永久保存できます。

再塗装するケース

ウッドロングエコを塗った材は何もしなくていいの?基本的に塗りなおしメンテは必要ありません。ただし例外があります。

ケース1

ウッドロングエコを塗った木材にキズがつき一部剥げてしまった

剥げた部分を掃除してから再塗装してください。

ケース2

塗装後の小さなひび割れ箇所

小さなヒビ割れなどは、雨などによる水分湿潤と乾燥の繰り返しによってウッドロングエコの防護保持効果は持続しますが、状況に応じて再塗装してください。

ケース3

心材まで達するような大きな割れなどは

スプレーや刷毛などで割れ目にウッドロングエコを染み込ませておくことをお薦めします。耐久性に問題がある場合は、とても危険ですので、すぐに新しい材に取り替えてください。

ページの
先頭へ

購入前に確認してね